読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YA読書クラブ ~本についておしゃべりしよう~

12歳から19歳までの、10代の本好きさんのための読書クラブです!

2009年発足の、10代の本好きさんのための読書クラブです!
東京都新宿区のポプラ社の絵本ルームをお借りして、若い読者さんのおしゃべりの会をやってます。
県外の方も区外の方も、初めましての人も、12歳から19歳までの本好きさんなら参加OKです!

☆このサイトのめにゅう☆
参加者募集!!!YA読書クラブとは? おしらせYA読書クラブへのご質問これまでの読書会の様子これまでのテーマ本参加者のおすすめ本リスト寄付のお願い

第24回読書会★報告 2015年6月27日実施

これまでの読書会の様子☆

第24回読書会★報告

参加人数1名(女子1)。大人スタッフ2名。合計3名で、本のお話をしました。

今回はこんなことを話し合いました♪  

流れ
1、ニックネームで、簡単な自己紹介。
2、テーマの本 『マザーランドの月』 サリー・ガードナー 著。
3、休憩。
4、みんなのおすすめ本の紹介。
5、本日の感想


★自己紹介では、「ニックネーム、学年、住んでいるところ、さいきんハマッている&はやっていること、もの」を話しました。
さいきんハマッている&はやっていることは……?
池袋に通うようになってから 授業が早く終わると、サンシャインの下で服を見たりする。
リブロがなくなるのが残念。
将棋の電王戦が面白いと言っていたら、将棋の本を担当することになって、将棋がわかるようになったら、結果だけでは満足しなくなって、番組を見るようになった。ニコ生で見ると面白い。
日本エレキテル連合。 見てきました。

★『マザーランドの月』 サリー・ガードナー 著

表紙。かっこいい。絵を見て内容がわからなかったので。
背景の色がグレーで、珍しい。
タイトルの入れ方のデザインも楽しい。
読みにくくて、苦労して読み始めたけれど、時系列がわからないまま読んでいるうちに、 だんだんわかってきて、それからは面白くなった。
読みにくかった。
最初読んだときは、エリックが殺されたところで、この本ふつうの話じゃないなとわかって 残酷な話なんだと思い。物語だけど、歴史で習ったときのことを考えた。
以前読書会のテーマだった『ザ・ギバー』を読んだことを思い出した。
『No.6』の中と外の世界みたいな。
アオバエたちがなにを隠しているのかわかんない。
レイアウトの下の空白が違うのがなにか意味があるのかと思っていたけど。意味は無いらしい。
インターネットがあったら、おかしいと思った人が発信して、いけたのかなと思う。
インターネットの情報が正しいかどうかわからない。変わらなかったかもしれない。
どの情報が本当か。わかりにくい。
エリックが殺されそうなとき黙っていれば被害がないのに、たすけるのは 勇気がある。

…などなど。

★みんなのおすすめ本。
おすすめ本を紹介しあいました。
(ここでは、タイトルの50音順)

珈琲店タレーランの事件簿』 岡崎琢磨 。
大人スタッフのおすすめ本
『ルート225 』 藤野千夜
『Eggs: 夏のトライアングル (TEENS’ ENTERTAINMENT) 』 小瀬木麻美 。
都道府県の持ちかた』 (ポプラ文庫)
バカリズム 『正しい恨みの晴らし方』 (ポプラ新書) 中野信子

今回の大人スタッフは、モグタン(YA読書クラブ世話人)、ありりん(YA読書クラブ世話人)の2名でした。