YA読書クラブ ~本についておしゃべりしよう~

12歳から19歳までの、10代の本好きさんのための読書クラブです!

2009年発足の、10代の本好きさんのための読書クラブです!
東京都新宿区のポプラ社の絵本ルームをお借りして、若い読者さんのおしゃべりの会をやってます。
県外の方も区外の方も、初めましての人も、12歳から19歳までの本好きさんなら参加OKです!

☆このサイトのめにゅう☆
参加者募集!!!YA読書クラブとは? おしらせYA読書クラブへのご質問これまでの読書会の様子これまでのテーマ本参加者のおすすめ本リスト寄付のお願い

YA読書クラブでは大学生のボランティアスタッフを募集しています!

 

YA読書クラブでは、一緒に読書会に参加してくれる

大学生のボランティアスタッフを募集しています!

 

募集内容 条件

20歳から23歳までの大学生や専門学校生。専攻問わず。

ボランティア参加の日までに、YA読書クラブ、YA*cafe、横浜緑YAカフェの読書会のいづれかに2回以上参加していること。

年下の人たちの感想や意見に耳を傾ける姿勢があり、黙るべき時に黙っていられる人。

無償でお願いします。交通費なども出ません。(大人のスタッフもボランティアでやってます。)

YA読書クラブ内での恋愛禁止!(笑) 日ごろから悪さをしてない人。

そして、本が好きなこと!!!

 

活動内容

1)参加できる回のテーマの本を読んできて、感想を話します。参加者の感想も、しっかり聞きます。

2)10代向けのおすすめの本を一冊紹介します。「大人の自分」向けではなくて、今の中高生の本選びの参考になる本を紹介してください。

(ない場合は、最近読んで面白かった本や友だちの間で話題の本でもOKですが、中学生や高校生にも伝わるような説明をできるように考えておいてください)

3)参加者が飲むお茶をついでください。

4)SNSのアカウントがあるかたは読書会の開催情報を拡散してください。

 

興味のある方、

YA読書クラブホームページからメールでご連絡ください。

 

f:id:nashiya-arie:20160316151002j:plain

(条件を修正2017年3月)

第30回読書会★報告 2017年3月18日実施

第30回読書会★報告

参加人数5名(女子1男子0)。学生ボランティア2名、大人スタッフ2名。合計5名で、本のお話をしました。

今回はこんなことを話し合いました♪  

流れ
1、ニックネームで、簡単な自己紹介。
2、テーマの本 『願いながら、祈りながら』 乾ルカ著 徳間文庫刊 。
3、休憩。
4、みんなのおすすめ本の紹介。
5、本日の感想


★自己紹介では、「ニックネーム、学年、住んでいるところ、さいきんハマッている&はやっていること、もの」を話しました。
さいきんハマッている&はやっていることは……?
学割で安いカラオケボックスに、花粉症の友だちと行って一日過ごしています。
四月から中学生になります。春休みなので友だちと東京ドームとかいろいろ遊びに行っています。
ニコニコ動画の男性アイドルグループを応援しています。

 

★ 『願いながら、祈りながら』 乾ルカ

初め大人が出てくるから子供の本と分かりにくいかもと思った。でも次を読むと一人一人のことがわかって、ずっと嘘をついている亮介君のことがわかったら、全体がひとまとまりになった。最後のところはいつも泣いてしまいます。
先生が出てきて表紙と印象が違う内容だった。先生が生徒と触れ合いながら話しが進んでいくのかなと思ったら、一人一人が出てきた。
やめたい先生か学校にきたらいやだなと思う。
携帯ばかり見ている弥生のことを読んだら、林先生の気持ちが分かった。
全体的にあっさりしていた。5人の影響がそれほど強くないと思った。
林先生から見た生徒の見た目が分かりやすい。想像しながら読めた。
先生が子供たちに見破られている感じがよかった。割とすぐ先生の気持ちが切り替わった。
何を一番書きたかったのかなと思う。
中三の弥生ちゃんが受験に合格したのが印象的だった。
5人しかいないけど人間関係が足りないわけではない。
修学旅行のシーンで、弥生ちゃんが先生の赴任した時同じ気持ちだったのかもと思う場面。本当にいい医者になるのは彼かもと思う場面が響いた。
ウソがばれる「いつか」があった。「いつか」を信じることができるようになった。5人なりの経験のからめ方がやさしく書いてある。
学君が勉強できるのでに暮してるのかと思ったけど、褒められてうれしくてという場面があってみない子だなと思った。
みなみちゃんは「ふつうでいい」というけれどみなみちゃんの良いところもっと書いてほしい。
本人は満足していないけど、他の人はその人を素敵だなと思っている。
友情の話。


…などなど。

★みんなのおすすめ本。
おすすめ本を紹介しあいました。
(ここでは、タイトルの50音順)

『ひとりぼっちの不時着 』ゲイリー・ポールセン
東京バンドワゴン小路幸也
『シフォン・リボン・シフォン』近藤史恵
『コンビニたそがれ堂 星に願いを』村山早紀
『ぼくは勉強ができない』山田詠美

大人スタッフのおすすめ本
『 小やぎのかんむり』市川朔久子
『 僕は上手にしゃべれない 』椎野直弥
『いい人ランキング』吉野万理子
『キリトリセン―大高翔俳句集』大高翔

★本日の感想

今日の読書会は、テーマ本が登場人物の心情が細やかに描かれていて、とても話しやすかったです。

最初、2時間もすると聞いた時は長いと思ったのですが、実際に参加してみたら時間が速く過ぎたなと感じるくらい楽しかったです。

私がこの本読んだ時あっさりしていて少し物足りないなと感じたのですが、細かく情景が描かれていて,やさしいお話だと言っている方がいて、確かにそうだと思ったし、私はそういうことに気づけていないな、と少し反省しました。
初めてボランティアに参加してとても緊張しました……!!

 

今回の大人スタッフは、モグタン(YA読書クラブ世話人)、ありりん(YA読書クラブ世話人)の2名でした。

12歳から19歳までのYA読書クラブ3月18日(土)テーマ『願いながら、祈りながら』 乾ルカ著

f:id:nashiya-arie:20170206120544j:plain

 

第30回YA読者トーク会のご案内

日 時 2017年3月18日(土)午後3時30分~5時30分

会 場 株式会社ポプラ社 絵本ルーム

  東京都新宿区大京町22-1HAKUYOHビル→地図
   東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩8分。
   東京メトロ丸の内線「新宿御苑駅」2番出口から徒歩8分。
   JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩15分。

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人!
      大人は参加できません。ごめんなさい。
     (大学生ボランティアとテーマ本の担当者に限り参加可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『願いながら、祈りながら』 乾ルカ著 徳間文庫刊 。
を、読んできてね。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールで。 3月15日締切です。
「YA読書クラブ」参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・ポプラ社、YARC

(1月の回は中止になりました)