読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YA読書クラブ ~本について おしゃべりしよう~

12歳から19歳までの、10代の本好きさんのための読書クラブです!

2009年発足の、10代の本好きさんのための読書クラブです!
東京都新宿区のポプラ社の絵本ルームをお借りして、若い読者さんのおしゃべりの会をやってます。
県外の方も区外の方も、初めましての人も、12歳から19歳までの本好きさんなら参加OKです!


YA読書クラブでは大学生のボランティアスタッフを募集しています!

おしらせ

 

YA読書クラブでは、一緒に読書会に参加してくれる

大学生のボランティアスタッフを募集しています!

 

募集内容 条件

20歳から23歳までの大学生や専門学校生。専攻問わず。

ボランティア参加の日までに、YA読書クラブ、YA*cafe、横浜緑YAカフェの読書会のいづれかに2回以上参加していること。

年下の人たちの感想や意見に耳を傾ける姿勢があり、黙るべき時に黙っていられる人。

無償でお願いします。交通費なども出ません。(大人のスタッフもボランティアでやってます。)

YA読書クラブ内での恋愛禁止!(笑) 日ごろから悪さをしてない人。

そして、本が好きなこと!!!

 

活動内容

1)参加できる回のテーマの本を読んできて、感想を話します。参加者の感想も、しっかり聞きます。

2)10代向けのおすすめの本を一冊紹介します。「大人の自分」向けではなくて、今の中高生の本選びの参考になる本を紹介してください。

(ない場合は、最近読んで面白かった本や友だちの間で話題の本でもOKですが、中学生や高校生にも伝わるような説明をできるように考えておいてください)

3)参加者が飲むお茶をついでください。

4)SNSのアカウントがあるかたは読書会の開催情報を拡散してください。

 

興味のある方、

YA読書クラブホームページからメールでご連絡ください。

 

f:id:nashiya-arie:20160316151002j:plain

(条件を修正2017年3月)

12歳から19歳までのYA読書クラブ3月18日(土)テーマ『願いながら、祈りながら』 乾ルカ著

参加者募集!!!

f:id:nashiya-arie:20170206120544j:plain

 

第30回YA読者トーク会のご案内

日 時 2017年3月18日(土)午後3時30分~5時30分

会 場 株式会社ポプラ社 絵本ルーム

  東京都新宿区大京町22-1HAKUYOHビル→地図
   東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩8分。
   東京メトロ丸の内線「新宿御苑駅」2番出口から徒歩8分。
   JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩15分。

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人!
      大人は参加できません。ごめんなさい。
     (大学生ボランティアとテーマ本の担当者に限り参加可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『願いながら、祈りながら』 乾ルカ著 徳間文庫刊 。
を、読んできてね。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールで。 3月15日締切です。
「YA読書クラブ」参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・ポプラ社、YARC

(1月の回は中止になりました)

12歳から19歳までの読書会【YA読書クラブ】1月9日(月祝)午後1時30分~新宿 テーマ『小説の神様』相沢 沙呼 著

参加者募集!!!

f:id:nashiya-arie:20161217013516j:plain

f:id:nashiya-arie:20160715104906j:plain

 

第30回YA読者トーク会のご案内

日 時 2017年1月9日(月祝)午後1時30分~3時30分

会 場 株式会社ポプラ社 絵本ルーム

  東京都新宿区大京町22-1HAKUYOHビル→地図
   東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩8分。
   東京メトロ丸の内線「新宿御苑駅」2番出口から徒歩8分。
   JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩15分。

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人!
      大人は参加できません。ごめんなさい。
     (大学生ボランティアとテーマ本の担当者に限り参加可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『小説の神様』相沢 沙呼 著  講談社タイガ文庫刊 。
を、読んできてね。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールで。1月6日締切です。
「YA読書クラブ」参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・ポプラ社、YARC

「YA小説を書いてみよう部」仮入部受付中

参加者募集!!!

f:id:nashiya-arie:20161109102257j:plain

「YA小説を書いてみよう部」http://yacafe.chagasi.com/bu/

月曜の夕方の班と、水曜の夜の班で募集します。
部費が前納制なのは会場費の捻出のためです。「YA小説を書いてみよう部」は塾や学習教室ではありません。自主サークルです。

 

(1)月曜A班 16:15~17:45

1月16日、30日、2月13日、27日、 3月13日、27日。

対象年齢・中学校卒業~39歳。

会場・渋谷駅近くの会議室 部費・3か月全6回分4,500円。

(2)水曜N班 18:30~20:00

1月18日、2月1日、15日、 3月1日、15日、29日。

対象年齢・18歳~39歳。

会場・渋谷駅近くの会議室 部費・3か月全6回分4,800円。

 

◆第一期活動内容

YA小説とは何かを考える。YA小説を読んで話す。みんなで連作短編YA小説を書いてみ る。 各回90分のうち20分程度は梨屋アリエによるレクチャー。(YA文学の成り立ち。 子ども・若者の誕生。YAとラノベ……等)

※創作塾ではありません。上達の保証はありません。

◆参加資格

・これからYA小説を書いてみたい方。YA小説を書くきっかけがほしい方。YA小説につ いて考えてみたい方。創作活動の刺激がほしい方。YA小説が好きな方。

・日本語で日常的な意思の疎通ができる方。各班の対象年齢の方。

・Eメールが使える方。Webサイトが見れる方。

◆入部の流れ

仮入部→催行確定→部費入金→本登録。初回実施日後の返金はいたしません。 仮入部受付期間 11且27日~ 12且16日 申し込みはこちら

午後・夜とも、それぞれ最小催行人数4名。 本登録の際、400字~800字程度の読書感想文または好きな本の紹介文をメールで提出 していただきます。

※会場はバリアフリーではありません。何らかの配慮が必要な方は仮入部お申し込み時にお 知らせください。

※活動に支障が出るような行為、他の部員への迷惑行為をした方は参加途中で退部していた だく場合があります。

※その他、お問い合わせ先はこちら

世話人梨屋アリエ(YA作家・児童文学作家)

 

 

希望者が少なかったら2018年に延期します。

12歳から19歳までのYA読書会【YA読書クラブ】次は、1月9日(月祝)です!!

おしらせ

12歳から19歳までのYA読書会【YA読書クラブ】,

次回は2017年1月9日(月祝)です!!!

あいだが開いてしまってごめんなさい。

 

会場は新宿区のポプラ社です。

テーマの本は、決まり次第告知いたします!!

 

 

12歳から19歳までの読書会【YA読書クラブ】8月27日テーマ本『タスキメシ』 額賀澪著 

参加者募集!!!

f:id:nashiya-arie:20160715104850j:plain

f:id:nashiya-arie:20160715104906j:plain

 

第29回YA読者トーク会のご案内

日 時 2016年8月27日(土)午後3時30分~5時30分

会 場 株式会社ポプラ社 絵本ルーム

  東京都新宿区大京町22-1HAKUYOHビル→地図
   東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩8分。
   東京メトロ丸の内線「新宿御苑駅」2番出口から徒歩8分。
   JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩15分。

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人!
      大人は参加できません。ごめんなさい。
     (大学生ボランティアとテーマ本の担当者に限り参加可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『タスキメシ』 額賀 澪 著  小学館刊 。
を、読んできてね。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、専用サイトよりEメールで。8月25日締切です。
「YA読書クラブ」参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・ポプラ社、YARC

 

YA読書クラブへのご質問 リアル読書会って、どんなかんじ?

YA読書クラブへのご質問

Q、どんな人が参加していますか。知らない子ばかりでは心配です。

A、 ほとんどの参加者は、単独での参加です。知らない子ばかりでも、読書会が始まれば、孤立する場面はありません。知らない子ばかりだから、気楽に話しやすいこともあるようです。読書会では、ニックネームの名札をつけます。
  

Q、引っ込み思案で、人前でしゃべるのは苦手です。

A、読書会では、最初は感想を順番に言ってもらうことが多いですが、考えがまとま らなかったり、言いたいことがない時は、「パス」や「あとで」にしたりできます。 無理にしゃべることはありませんので、自分のペースでどうそ。
  

Q、11歳ですが、参加できますか。

A、YA読書クラブでは、参加資格を12歳から19歳の、読書が好きな人と 設定しております。12歳に満たない場合は、お誕生日になるまで お待ちいただいております。
  

Q、読書会でのきまりごとなどはありますか。

A、敬語は使わなくていいけれど、乱暴すぎない言葉で。 誰かが話しているときは、話を聞いてください。 お手洗いは、途中で休憩をとりますが、行きたくなったら我慢しないで行って下さい。 ケータイ電話はマナーモードにしておいてね。等です。
  

Q、しゃべるとのどが渇くので、飲み物を持って行っていいですか。

A、お茶を用意しておりますが、ご自由にお持ちください。
  

Q、当日の連絡先はどこですか。

A、当日のお問い合わせ電話番号は、お申し込み手続き後に、参加者にお知らせします。
  

Q、会場で本の販売はしていますか?

A、販売はしておりません。
  

Q、申し込みの際の個人情報の取り扱いは?

A、いただいた個人情報は、この会以外には使用いたしません。申し込み時のメールアドレスまたはFAX番号に、次回以降の読書会のご案内をお送りします。
  

※保護者からのご質問。
Q、子どもを参加させたいのですが、あまり乗り気でありません。

A、15歳未満の参加には、保護者の同意が必要ですが、あくまでも ご本人様の意思で、参加を決めていただいております。 人と本の話をしてみたい、本の好きな子に会ってみたい、という気持ちが あれば十分です。
  

※保護者からのご質問。
Q、子どもの様子を見学させてください。控室で待てますか。

A、保護者様のご見学はご遠慮いただいております。控室はございません。
  

※保護者からのご質問。
Q、参加すると、読解力はつきますか?

A、勉強の会ではありませんので、指導はいたしません。読書を楽しむための会です。
  

   

 

これまでの読書会参加メンバーのおすすめ本リスト

これまでの読書会の様子☆

これまでの読書会参加メンバーのおすすめ本のリストを

ブクログに載せています。

ご覧ください!

 

booklog.jp

YA*cafe、YA読書クラブの継続のための寄付のお願い

寄付のお願い

YA*cafe、YA読書クラブの継続のための寄付のお願い

 

ご寄付はYA*cafeおよびYA読書クラブの告知チラシや送料、会場費、レジュメの印刷費などの読書会活動の維持のために必要な経費に使わせていただきます。

  

ご希望のかたには領収書を発行しますので、その旨ご連絡ください。
(まだNPO法人ではないので税の優遇はありません。ごめんなさい。)

 

 

銀行からお振込の場合

銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 028
預金種目 普通
店名 〇二八 店(ゼロニハチ店)
口座番号 0406075

 

 郵便局からお振込の場合

ゆうちょ銀行(郵便局) 番号10250-4060751 名義 YARC

 

 

 

これまでの読書会のテーマ本。

これまでの読書会の様子☆

これまでの読書会のテーマ本。
第28回テーマ本『アンの愛情』モンゴメリ著 村岡花子

第27回テーマ本『君の膵臓をたべたい 』 住野よる著
第26回テーマ本『うたうとは小さないのちひろいあげ 』 村上しいこ著

第25回テーマ本『ワンダー wonder』 R・J・パラシオ 著
第24回テーマ本『マザーランドの月』 サリー・ガードナー 著
第23回テーマ本『幕が上がる』 平田オリザ
第22回テーマ本『獣の奏者』 上橋 菜穂子 著 闘蛇編と王獣編
第21回テーマ本『サクラ咲く』 辻村深月
第20回テーマ本『さよならを待つ ふたりのために』ジョン・グリーン 著
第19回テーマ本『おれのおばさん』佐川光晴
第18回テーマ本『GOSICK桜庭一樹 著 角川文庫
第17回テーマ本 短編「冥途」 内田百閒著
第16回テーマ本『ちいさなちいさな王様』 アクセル・ハッケ 著 講談社
第15回テーマ本『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎著 ポプラ社ほか
第14回テーマ本『九つの、物語』 橋本紡 著  集英社
第13回テーマ本『レインツリーの国』 有川浩 著  新潮社
第12回テーマ本『青空のむこう』  アレックス・シアラー  求龍堂
第11回テーマ本『クマのあたりまえ』  魚住直子 ポプラ社
第10回テーマ本『きみの友だち』重松清 新潮社
第9回テーマ本『都会のトム&ソーヤ』はやみねかおる 講談社
第8回テーマ本『ギヴァー 記憶を注ぐ者』ロイス ローリー 評論社(旧題『ザ・ギバー―記憶を伝える者』講談社) 
第7回テーマ本『一瞬の風になれ』佐藤多佳子 講談社
第6回テーマ本『ぎぶそん』伊藤たかみ ポプラ社
第5回テーマ本『カラフル』森絵都 理論社 文春文庫 フォア文庫 
第4回テーマ本『穴 HOLES』ルイス・サッカー 講談社
第3回テーマ本『ぼくらの七日間戦争宗田理 角川書店 ポプラ社
第2回テーマ本『RDG』シリーズ 荻原規子 角川書店
第1回テーマ本『NO.6』シリーズ あさのあつこ 講談社。『Fragile-こわれもの』石崎洋司編 ポプラ社